子どもと新潟市

寺山公園「い~てらす」に行ってきた【新潟市東区の子育て施設】

新潟市東区にある寺山公園の子育て交流施設「い~てらす」を知っていますか?

平成30年4月にオープンしたばかりですが、半年で10,000人もの利用者数を突破している最近流行りの施設です。

子どもを連れて何回か行ってきたので、その魅力を写真付きでご紹介します(*^^*)

寺山公園「い~てらす」入り口

公園に入ってすぐのところに入り口があります。

入って左手が食事もできるスペースで、右手が子どもたちの遊び場になっています。

飲食スペースは残念ながら椅子のみ! 赤ちゃん向けのお座敷はありません。

遊び場は基本的に食事は禁止で、お昼ごろの11時~13時の間だけ奥のお座敷のみ可能となっています。

飲み物はいつでもOKですよ。

寺山公園「い~てらす」には会員証が必要

建物に入って靴を脱ぎ、正面右手に見えるカウンターへ向かいます。

「い~てらす」利用には会員証が必要で、受付でおどおどしながら「初めて来たんですけど……」と伝えると、穏やかなスタッフさんがそのまま作成を始めてくれました。

作成にあたって必要な情報は、以下のとおり。

会員証の作成に必要な情報
  • 利用者(子ども)の名前
  • 子どもと一緒に利用する大人の名前、住所
  • 非常時の連絡先2つ(携帯可)

渡された申請書に書き込んで提出すると、まずは仮会員証を渡されました。

なんと新規の利用者があまりにも多くて、その日のうちに正規の会員証を作ることができないんだとか。

「正規の会員証は次回来られたときにお渡ししますね~」とおっしゃっていました。

まだできたばっかりなのに、人気のある施設なんですね(✽ ゚д゚ ✽)

寺山公園「い~てらす」の内部 ~幼児ひろば~

幼児といってもハイハイとあんよではだいぶ差があるのですが、「基本的にはあんよ向け」「ハイハイの子はクッションで囲まれたエリア(写真手前)」といった印象でした。

もっとも、そのように棲み分けしてほしいと指示が出ているわけではないので、単なる暗黙の了解に過ぎません(笑)

あんよの子やそのお兄ちゃんお姉ちゃんが走り回っている場所でハイハイするのはちょっと怖いので、自然と避けるようになったという感じですね。

幼児ひろばは仕切りのない広い部屋となっていて、置いてある遊具はざっくりこんな感じ。

  • ぞうさんの小さなすべりだい
  • ポールをくっつけてできた赤ちゃん用のお山
  • 柔らかい巨大な積み木
  • ビーズクッション
  • 木製のおままごとセット
  • 絵本
  • 子どもが入れる小さなお家
  • やわらかいトンネル
  • 赤ちゃん用クッションスペース
  • その他こまごましたおもちゃ

数が少ないかな?と思ったのですが、意外にも取り合いで喧嘩をしている子どもの姿は見当たりませんでした。

小さな赤ちゃん用に、ベビーベッドなんかもあります。

私の娘はまだずり這いなので、遊具ではほとんど遊ばずにクッションスペースをゴロゴロしてました。

そこで出会ったママが言うには、土日は混んでいるけど平日はそれほどでもないので安心して遊べるんだとか。

確かに土曜日だと、3歳くらいのやんちゃな子たちがクッションのそばで飛んだり跳ねたりしていたので、ちょっと心配になりましたね。

言い聞かせるというのも、なかなか難しいですからね……(^_^;)

奥に「学びと交流スペース」という場所もありますが、催し物をやっていない日はただの空っぽの空間となっていました。

寺山公園「い~てらす」の内部 ~低学年ひろば~

小学校低学年の子ども向けスペースです。

大きなすべり台やボルダリング(壁を登る遊び場)があり、子どもが元気に遊び回っていました。

屋外にある遊具がそのまま室内に入っている感じなので、雨の日などはめちゃくちゃ混みそうですね。

このエリアは赤ちゃん禁止なので、子どもと赤ちゃんがぶつかって怪我をする心配はありません。

寺山公園「い~てらす」の屋外 ~公園部分~

「い~てらす」の中からも見える広い公園は、

  • ちびっこ交流広場
  • わんぱく広場
  • 多目的広場
  • 芝の広場

以上の4つに分けられています。

多目的広場と芝の広場では、近くの住民の方が犬の散歩をしているくらいで、ほとんど人はいませんでした。

ちびっこ交流広場

6歳以下の子どもが遊ぶ用のスペースです。

芝生の上に乗れる汽車のおもちゃや、公園でよくあるびよんびよん動くバネの乗り物がありました。

もっと大きな子どもは、後述する「わんぱく広場」の遊具に夢中みたいで、こっちに来ることはほとんどないようです。

棲み分けがきっちりされているのは嬉しいですね。

わんぱく広場

普通の公園なら1つしか設置されないような大きな遊具が2つもありました。

わんぱくな男の子を中心に楽しい声が聞こえて、パパママは外からその様子を笑顔で眺めている感じです。

これなら放っておいてもずっと楽しく遊んでくれそうで良いですね。

 

ブランコやターザンロープのような定番の遊具もあります。

最近のブランコって、ずいぶん作りががっしりしているんですね……私たちの時代のブランコは鉄の鎖に木の板だったのに(笑)

寺山公園「い~てらす」の場所

利用時間 9:00~18:00
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)

東総合スポーツセンターのすぐ裏手にあります。

スポーツセンターとその駐車場の間の道路を突っ切り、突き当りを左に曲がって新潟バイパス沿いを進むと駐車場に入りやすいのでオススメです!